ワクチンで予防できる子宮頸がん目次に戻る
 
 
 

子宮頸がんワクチン接種後の持続的な痛み、しびれ、脱力、不随意運動等の症状について

2014年7月現在

横浜市が実施した子宮頸がんワクチンの接種後に、原因が明らかではない持続的な痛みやしびれ、脱力、不随意運動等の症状が出て、日常生活に支障をきたしている市民が適切な医療を受けられるように、横浜市が医療支援を実施しています。

【対象者】
・横浜市が実施する子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けた方で、接種後に原因が明らかではない持続的な痛みやしびれ、脱力、不随意運動等の症状が出て、日常生活に支障をきたしていて、その症状について横浜市に相談された方

該当者は横浜市から医療費の給付金を受けられます。詳しくは、横浜市健康福祉局健康安全課(相談窓口):045-671-4190までお問い合わせ下さい。

 

子宮頸がんの原因ウィルスHPV

子宮頸がんの原因となるのが、HPV(Human Papillomavirus;ヒトパピローマウィルス)と呼ばれるウィルスです。これは、主に性交渉によってヒトからヒトへ感染します。特別なウィルスではなく、性交渉がある人なら、誰でも感染するリスクがあります。実際、全ての女性の80%は、一生のうちに1度はこのウィルスに感染していると報告されています。HPVは、一般的には自然に膣外に排出されるのですが、10%前後の確率で体内に留まることがあり、さらに細胞内に入り込んで悪性化し、ガンを発症します。HPVの中でもガン化するリスクの高い型(発がん性のあるハイリスクHPV)には、13〜15種類の型がありますが、全世界的に感染率とガン発症率が最も高いのが、16型と18型です。この2つの型への感染を予防できるのが「子宮頸がん予防ワクチン」です。ワクチンを接種すれば、性交渉による16型と18型への感染を防止することができます。

 

10歳以上の女性が対象です

 

子宮頸がんワクチンは、10歳以上の全ての女性が受けられるワクチンです(優先接種対象者は11〜12歳の女子)。十分な免疫をつけるために、合計3回接種します。初回接種、その1ヶ月後に2回目、初回から6カ月後に三回目を接種します。特に重篤な副反応が出ることはありませんが、注射した部分がはれたり、かゆくなったりする他に、10%程度の発症率ですが、吐き気やおう吐、下痢、発熱、めまい、湿疹、息切れ、動悸などの副反応があらわれることがあります。

このワクチンは、16型と18型以外の発がん性のある型への予防効果はありません。また、ワクチンを接種する前にすでに感染してしまっている場合や、すでに子宮頸がんを発症している場合に、病変を治療したり、がん進行を遅らせたりするような効果はありません。あくまで新たに16型/18型に感染するのを防ぐためのワクチンですので、ワクチン接種と合わせて定期的な検診も受けるようにしましょう。

 
戻る