緩和ケアとは
緩和ケアの相談室
在宅緩和ケア
学会発表資料
神奈川緩和医療研究会
乳癌シンポジウム講演ビデオ

緩和ケアの取り組みが雑誌等で紹介されました。
福澤クリニック:横浜市営地下鉄「片倉町」駅 徒歩8分:横浜市神奈川区片倉1-9-3 まるあビル1F 〒221-0865 TEL: 045-488-5122/5123 
緩和ケア  
 
緩和ケア

世界保健機構(WHO)によると、緩和ケアは「病気のすべての過程で患者と家族のQOL(生活の質)の改善を図る医療である」とあります。

わかりやすく言い換えると、緩和ケアはこれまでのように末期ガンの患者さんを対象とした対症療法やホスピス看護に限定されるのではなく、ガンと診断された初期の段階から、治療と並行して行われ、患者さんが受ける身体的な苦痛だけでなく、病気や生活に対する心の問題までを和らげ、患者さんが出来る限り普通の生活を楽しめるような環境作りをサポートするトータルな医療・看護サービスであると言えます。

緩和ケア

心の問題:不安、イライラ、眠れない、うつ症状など
体の不調:痛み、呼吸困難、全身倦怠、食欲不振、脊髄圧迫による排尿・排便困難、皮膚炎など

当クリニックでも、単に「病気を治療する」という医療的な目的だけでなく、治療中・病後の生活の心配、病気と闘うことへの不安や恐怖、家族としてサポート出来ることなど、様々な面でのアドバイスに加え、患者さんの心のケアなどトータルなサポートを行っています。

緩和ケアは通常、医師・看護師やソーシャルワーカー、精神的な部分をサポートする精神科医、心理療法士などがチームを組んで患者さんのケアに取り組みます。病院の中に緩和ケア病棟が併設されている所もありますが、最近では地域の医療機関や診療所が訪問、在宅ケアや電話相談、個別相談といった様々な形式で、より地域に密着した緩和ケアサービスを実施しています。