診療科目と時間
診療カレンダー
予約の方法
クリニック設備
アロマセラピー
リンク集
福澤クリニック:横浜市営地下鉄「片倉町」駅 徒歩8分:横浜市神奈川区片倉1-9-3 まるあビル1F 〒221-0865 TEL: 045-488-5122/5123 
クリニックの設備
 
290型、拡大内視鏡、ハイビジョン内視鏡ビデオスコープシステム 「EVIS LUCERA ELITE」

NBI デジタル内視鏡食道・胃あるいは、大腸内の状態を直接カメラで写します。

胃または大腸の内壁や粘膜の状態を調べて、迅速な診断が出来ます。細胞組織の検査も行っております。

必要時には、ポリープ切除も行います。
ご希望の方には、麻酔を使って苦痛なく検査を受けられます。

この度、導入したオリンパス社製ハイビジョン内視鏡システムは、従来のHQ画質をはるかに上回る超繊細な画像の撮影が可能であり、微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現し、高精度な検査・診断が可能です。

また、先端部外径9.9mmといった非常に細いチューブになったため、患者さんへの負担が大幅に軽くなりました。拡大倍率も80〜85倍の光学ズーム、170度の視野角で、スコープが臓器の壁に当たると自然に曲がってくれる設計になっているので、屈曲部でもスムーズに通過します。

さらに、粘膜表面の血管走行が強調表示されるNBIによって、遠点の部位も明るく映し出すことが可能になり、AFI という青色励起光を粘膜に当てることで、通常の光観察では見分ける事が困難な粘膜面の微細な違いをキャッチすることができますので、表在性腫瘍や炎症性病変の診断に効果的です。

内視鏡システムの詳細はこちら

 

 
デジタルCR/DR (バリウム検査)

胃透視バリウム検査

胃がん検診で多く使われます。(横浜市の健診項目です)。 レントゲンを使い、バリウム(200〜300cc)
 を飲んで、胃全体の形・大きさ・粘膜の状態 (胃炎、ポリープ、潰瘍、癌など)・粘膜下病変(粘膜下腫瘍)
 を調べる胃透視検査です。
 

 
超音波検査(フルカラーデジタル トップラーエコー)

GE横河メディカル LOGIQ Book XP

超音波の振動で体内の臓器を画像に写して調べます。

肝臓、胆のう、すい臓、乳腺、甲状腺、脾臓、腎臓などの検査を行っております。

 
 
ピロリ菌検査(ユービット)
 
胃の中にいる、胃がんの原因の1つとされるピロリ菌が有無を調べる検査です。検査薬を飲んでいただき、袋に息を吹きかけていただく簡単な検査です。
 
内視鏡消毒装置

内視鏡消毒装置

電解酸性水を用い、内視鏡を消毒する装置です。高度の消毒効果と高い安全性を保証します。安心して検査を受けて頂くために導入しております。

 
エックス線検査(レントゲン撮影)
 
胸部エックス線・・・健康診断等で多く使われます。呼吸器や心臓の病気の診断に行います。
腹部エックス線・・・消化器等の病気の診断に行います。
 
注腸造影・・・バリウムを使用し、大腸の形や大きさ、粘膜の状態を調べます。
バリウムと空気による二重造影法によって,直腸・大腸などの消化管粘膜の病変をX線写真として,撮影します。
 
尿路造影・・・造影剤を注射して、腎臓・尿管・膀胱を造影し尿路の形や腎臓の機能を調べます
(結石などもわかります)
 
骨密度測定・・・骨粗鬆症の診断に行います。両手をエックス線にて撮影して骨密度を測ります。
 
心電図検査
 
心臓の病気(不整脈等)を調べます。必要な場合には、ホルター心電図(24時間)も行っています。
 
白癬の検査(真菌検査)
 
組織を採取し顕微鏡を用いて、白癬の診断を行います。
 
その他、血液検査(一般的な検査や・アレルギー検査等)、細菌検査(便・痰等)、食物などのアレルギーを調べるパッチテストも行っております。